無料の画像編集アプリ

「LINEcamera」は無料の写真・画像編集アプリです。

投稿用画像の編集

まずは基本の体型データの作り方です。

「自撮りの方法」を参考にして、360°回った動画を撮影してください。

②動画を正面、横、後の3方向でスクショします。

③画像の準備が出来たらラインアプリを起動させて「コラージュ」を使用して3方向の画像を1枚にまとめます。

  • レイアウト…写真2~9枚選択可能
  • 枠の調整…各画像の配置サイズを調整できる
  • スタンプ…無料/有料で手軽にデコレーション可能。
  • ペイント…手書き機能(モザイク可能、下記で解説)
  • 文字入れ…フォントや文字サイズの変更も可能
  • ウォーターマーク…右下に入るマーク「オフ」を推奨

④縦3分割のレイアウトを選択。

中央をタップすると「カメラ(撮影する)」か「ギャラリー(アルバム内に保存されている画像)」選択するメニューボタンが表示されるので、スクショした体型画像を3枚選ぶ

⑤正面、横、後ろ姿を並べる。その時に写真の肩、肘、足首の位置が合うように並べるとバランスが均一になりやすい。

編集出来たら右下の↓矢印ボタンを押して保存。

元体型画像の完成です。

【豆知識】LINEカメラの画質

LINEカメラを使ってはみたものの、画質が低い!なんて感じる方もいるかもしれません。

そんな場合の対処法を紹介します。
まずはLINEカメラのアプリのホーム画面から設定を開きます。そして「保存」を選択。

そこから「撮影した写真」「編集した写真」の「解像度」が「高」になっているかを確認してください。

またせっかく解像度の高い写真を撮っても、共有する際に画質が下がってしまうことがあります。設定から「共有」へと進み、写真画質を必要に応じて「高」または「最高」を選択してください。

【豆知識】LINEカメラを無音で撮影する方法は?

設定方法は写真も動画も同じなので、まずは『カメラ』を起動します。

LINEカメラシャッター音02

カメラ画面の右上の『…』というアイコンをタップして、撮影補助メニューを表示します。

LINEカメラシャッター音03

撮影補助メニューの1番右にあるメガホンのアイコンをタップしましょう。

LINEカメラシャッター音04

マナー撮影についてのメッセージが表示されるので、
『テスト撮影』をタップして早速設定していきましょう。

LINEカメラシャッター音05

テスト撮影とは、シャッター音が鳴るかどうかの確認のこと。

シャッター音が鳴ったら『はい』、鳴らなかったら『いいえ』をタップしましょう。

LINEカメラシャッター音06

音が鳴った場合は高画質での撮影ができません。

これは機種の問題なので、残念ですがマナー撮影による高画質撮影は諦めましょう。

音が鳴らなかった場合はマナー撮影でも高画質で撮影ができますよ!

LINEカメラシャッター音07

以上でマナー撮影の設定は完了です。

最初にタップしたメガホンアイコンの色が消えて斜線が入っているのが確認できましたね。

LINEカメラシャッター音08

シャッター音が迷惑になってしまうような場面では、マナー撮影機能を活用してみてください。

撮影した写真にモザイクをいれる方法は?

編集モードからペンのマークを選択→モザイクを選択→隠したい部分を指でなぞってください。